JavaScript関連のことを調べてみた2022年05月08日

JavaScript関連のことを調べてみた2022年05月08日
目次

ゴールデンウィークに旬のゴールドキウイで画面もゴールドにする

## ゴールドキウイが旬で美味しい
5月の**ゴールデンウィーク**の時期は、ニュージーランド産の**ゴールドキウイが非常に美味しい**時期となります。

私は小売業に従事しており、特に配属は農産、野菜・果実を販売する部門だったこともあり、毎年この時期にはキウイフルーツやマンゴーなど輸入果実を売り込むイメージが強いです。

数日前**GWアドベントカレンダー**なるものの存在を知り、せっかくなので**ゴールドを絡めて何か作れないか**と考えました。

https://gw-advent.9wick.com/calendars/2022/122

> 投稿したアドベントカレンダーはこちら

## 画面もゴールドにして3倍豪華

**ゴールデンウィーク**に**ゴールドキウイ**ということで、さらに**画面もゴールド*

元記事を表示

Symbolの新SDKからSSS(Safely Sign Symbol) Extensionを利用してみる

SSSは現在old-sdk対応ですが、新sdkでも使用することができます。
今回は新sdkからSSSを利用する方法について説明します。

###### symbol-sdk(v3)の埋め込み

ブラウザコンソールを使用して表示中ページにsymbol-sdk-v3を埋め込みます。
“`js
(script = document.createElement(‘script’)).src = ‘https://xembook.github.io/symbol-browserify/symbol-sdk-3.0.0.js’;
document.getElementsByTagName(‘head’)[0].appendChild(script);
“`

###### 環境定義
トランザクション送信に必要な環境の定義、情報を取得します。

“`js
node = window.origin;

sdk = require(“/node_modules/symbol-sdk”);
Buffer = require(“/node_modules/buffer”).Buffer;

re

元記事を表示

【11日目】p5.js動き回る図形をつぶすゲームを作成[Monaca]

今回はp5.jsを使用して簡単なゲームを作ります。開発環境にはMonacaを使用します。

簡単なゲームの概要としては、画面をランダムに動く〇(丸)をマウス(またはタッチパネル)でクリックしてポイントを稼いでいくゲームです。加点の〇と減点の〇もそれぞれ作ります。

完成したプログラムはページの最後に張り付けておきます。

まずはプログラムの説明から入ります。

### 図形の作成
図形は今回ellipseを使用し、その丸の複製でクラスを使用します。今回は5つに増やしていきます。また、図形はポイントアップ用とポイントダウン用の2種類を作成します。
“`javascript
let c1 = []; //配列に
let c2 = [];

class Circle {
constructor(x, y, mx, my, s) {
this.x1 = x;
this.y1 = y;
this.mx1 = mx;
this.my1 = my;
this.x2 = x;
this.y2 =

元記事を表示

jQuery 遅延実行 setTimeout

# はじめに
「この処理を少し遅らせて実行させたい。。。」という時に使う“`setTimeout“`の使い方を毎回忘れてその都度ググっているので、短い記事ですが、メモとして記述します。

## setTimeout
“`javascript

“`

“`function(){}“`の“`{}“`内に遅延実行させたい処理を記述する。
(setTimeout内に複数の処理を書くことも可能。)

“` },7000); “` ここの数字の部分が、何ミリ秒後に実行するかの数値。
(1000ミリ秒=1秒)

## まとめ

イベント内で処理の順番がうまくいかない時等、これを使って無理矢理解決しています。笑
短い記事ですが、どなたかの参考になれば幸いです。

元記事を表示

M5ユニットをESP32用Javascript実行環境で動かすサンプルコード

手元にあるM5ユニットをESP32用のJavascript実行環境で動かしましたので、備忘録として残しておきます。

以下のESP32用のJavascript実行環境のファームウェアを使います。

「電子書籍:M5StackとJavascriptではじめるIoTデバイス制御」

https://poruruba.booth.pm/items/3735175

# サンプルコード

(i) 超音波測距ユニットI/O

https://www.switch-science.com/catalog/7632/

“`js:main.js
import * as sonicio from “UnitSonicIo”;

sonicio.begin(32, 33);

function loop(){
var distance = sonicio.getDistance();
console.log(distance.toFixed(2) + ‘mm’);
delay(1000);
}
“`

(ii) 振動モータユニット

https://www.switch-science.com

元記事を表示

JXA(JavaScript で書いた AppleScript)で window.confirm(); を使いたい

“`javascript
const CONFIRM_RESULT_YES = 0;
const CONFIRM_RESULT_NO = 1;
const CONFIRM_RESULT_CANCEL = -1;

/**
* JavaScript の window.confirm() のように振る舞う。
* @param {string} msg ユーザに表示するメッセージ内容。’\n’ で改行できます。
* @param {string} yesButton Yes の意味となるボタン名称(既定は “Yes”)。
* @param {string} defaultBtn No の意味となるボタン名称(既定はなし)。
* @param {string} noButton デフォルトにしたいボタン名(既定は Yes ボタン)。
* @param {string} cancelButton キャンセルボタンにしたいボタン名(既定はなし)。
* @returns 0: Yes、1: No、-1: Cancel
*/
function confirm(msg,
yes

元記事を表示

JXA(JavaScript で書いた AppleScript)で window.prompt(); を使いたい

“`javascript
/**
* JavaScript の window.prompt() のようなものを実行する。
* @param {string} msg 表示したいメッセージ。’\n’ で改行できます。
* @param {string} answerDefault 規定の答え(オプション)。
* @param {string} icon アイコン((“stop” | “note” | “caution”)。規定は “note”)。
* @param {array} buttons 設置するボタン名の配列(既定は “OK” ひとつ)。
* @param {string} defaultBtn デフォルトにしたいボタン名(既定は “OK”)。
* @returns 返り値オブジェクト。例:{buttonReturned:OK, textReturned:foobar}
*/
function prompt(msg,
answerDefault = “”,
icon = “note”,
buttons = [“OK”],
de

元記事を表示

Node 18 に Test Runner なるものがあったので試してみた(Experimental)

Devon Govett さんのツイートに「おおっ!😲」となったので Test Runner を試してみました。