Go関連のことを調べてみた2022年04月17日

Go関連のことを調べてみた2022年04月17日

go言語のインポートについて(「Go言語でつくるインタプリタ」の1.3字句解析器のエラー対処)

## 概要

「Go言語でつくるインタプリタ」の1.3字句解析器を実行中にエラーで躓いたので備忘録
対象者は
* 解析のためにこの本を買ったけどgo言語がわからずに躓いた人
* go言語のインポート関係で躓いてる人

## 環境

win11
go 1.18
書籍に記載のあったdirenvは未使用

## エラー内容

lexer_test.goで以下のエラー。ヒントで隠れてるのでコードを以下に記載。
![image.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/728667/6b665fe0-7f50-5b48-75e9-19c83c33ade6.png)

“`go
import (
“testing”
“monkey/token”
)
“`

## 解決方法
shellで
“`
#PROJECT_NAMEじゃなくてもなんでもいいかも
go mod init PROJECT_NAME(サンプルプログラム試しているルートフォルダ)
“`
その後import文のmonky/tokenをプロ

元記事を表示

【Go(golang)×Docker】自作パッケージの関数を呼び出す方法

## はじめに

この記事では、**docker×go環境で自作パッケージとして切り出した関数を実行する方法**を書いています。

別パッケージの関数がうまく読み込めず苦戦した(go modulesを理解できていなかった。。)ので、備忘録的にまとめました。

#### 前提
– Dockerがインストールされていること。

#### 実行環境
– macOS Catalina: 10.15.4
– docker version: 19.03.13

### 目次

– dockerによる環境構築
– main.goファイルを作成
– シンプルなプログラムを実行
– サブパッケージに関数を切り出す
– 切り出した関数をmain.goで読み込んでプログラム実行

### 最終的なディレクトリ構造とゴール

“`
.
|–Dockerfile
|–docker-compose.yml
|–go.mod
|–main.go
|–pokemon
| |–houen.go
| |–kantou.go
| |–secret.go
“`

上記、pokemonパッケージ下の各

元記事を表示

Goでバブルソート

最近またアルゴリズムの勉強を始めようと思い、まずはバブルソートを作ってみました。以前はこういう系はPythonでやってたんですが、最近Goの勉強もしてるのでGoで作ってみました。

こちらのオンラインエディタが勝手にフォーマットもしてくれて便利でした。
https://go.dev/play/

## コード

“`go
package main

import “fmt”

func main() {
numbers := [10]int{9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 0}

switched := true
for maxIndex := len(numbers) – 1; switched && 0 < maxIndex; maxIndex-- { switched = false for i := 0; i < maxIndex; i++ { left := numbers[i] right := numbers[i+1] if left > right {
numbers[i] = right
nu

元記事を表示

Go言語 再帰を使用したフィボナッチ数

## 再帰
ある処理内部で、再びその処理自身を呼び出すような処理。

## フィボナッチ数
2つ前の項と1つ前の項を足し合わせていくことでできる数。
自然界に多く見られる、数学的規則性。

## Code
“`Go
var fibonacci func(n int) <-chan int // 何番目を求めるかを定義 fibTarget := [5]int{10, 15, 20, 25, 30} // フィボナッチ数を求めるための無名関数を格納 fibonacci = func(n int) <-chan int { result := make(chan int) // 無名関数によるゴルーチン go func() { // チャネルを閉じるための予約 defer close(result) // 2以下の場合は必然的に1 if n <= 2 { result <- 1 return } // 再帰により、n-1番目を求める f1 := <-fibonacci(n-1) // 再帰により、n-

元記事を表示

Firestoreをサーバサイドで使うTips

# はじめに
Firestore、便利ですよね。大好きなGoogle Cloudプロダクトのひとつです。
ネイティブモードで利用して、**Web or モバイルアプリからmBaaS的に使うのが鉄板**だと思います。

https://firebase.google.com/products/firestore/?hl=ja

ですが例えば**バッチジョブでデータを洗い替えたりする場合**等、サーバから直接触りたくなる状況もちょくちょくあるかと思います。

直近、サーバからFirestoreを触る機会がそこそこあったので、その中で得た備忘録的なものをまとめました。
**サンプルコードはGo**ですが、他の言語でも参考になる部分も多いかと思います。
思いつき次第随時更新いたします👨‍💻

# Tips一覧
## 1. ローカル環境からFirestoreを利用する

Firestoreを組み込んだサーバアプリケーションをローカルで開発する場合、直接開発環境のFirestoreに繋ぎ込む方法と、Firestoreエミュレータを利用する方法があります。

### 開発環境のFirestoreに直

元記事を表示

[翻訳] Golang におけるinterface 実装のベストプラクティス

この記事は [Best Practices for Interfaces in Go](https://blog.boot.dev/golang/golang-interfaces/) を翻訳した記事になります。
誤訳がある可能性があるため、リンク先の元記事をあらためて参照お願いします。

## Golang におけるinterface とは何か
ほかのtype が実装できるカスタムtype のこと
これによって高い抽象度を得ることができる
他のtype が全てのメソッドを実祖した時に実装できる
## interface のベストプラクティス
そもそも綺麗なインターフェースを書くのは難しい
シンプルなコードもすぐに複雑になる
下記の3点を守れば綺麗なままでいられる
– interface は小さく作る
– interface には知識を入れない
– interface をclass のように扱わない

### interface は小さく作る
本記事に置いて最重要なトピック
interfaceはアイデアやコンセプトを表すための最小の必要な振る舞いの定義を意味している
[HTTP Pa

元記事を表示

【Go, FileServer】画像の配信

サーバ上に保存してある画像を各クライアントのブラウザに配信をするため、FileServerを利用した。

# 前提
“`plantuml

@startuml

title フローは以下のようなものを想定

skinparam responseMessageBelowArrow true
autonumber
クライアント -> サーバ:       ユーザ情報取得API Request
クライアント <-[#0000FF]-- サーバ: ユーザ情報の中に画像パス(/image/profile/1.jpg)を含んだJSONをResponse クライアント -> サーバ:  画像URL(https://hoge.jp/image/profile/1.jpg) Request
クライアント <-[#0000FF]-- サーバ:       画像データ Response @enduml ``` クライアントでは、ユーザ情報取得APIで返却されたJSONの中にある画像PathからURLを作りsrcに入れる ```html

元記事を表示

競プロ落とし穴 #1 SetでDFS

# 競プロ落とし穴シリーズ
シリーズと書いてるけど多分これが初回で最終回:hugging:
競プロの問題を解いていてつまづいたところをメモしていくよ

# 今回解いていた問題
https://atcoder.jp/contests/abc198/tasks/abc198_d

出現する文字列(たかだか10種類)について全探索を行って条件を満たす解を探す問題

以下では簡略化したコードで考えていくよ

# 間違ったコード
“`golang
func AssignWithSet(N int) {
set := make(map[int]struct{})
for i := 0; i < N; i++ { set[i] = struct{}{} } ret := make(map[int]int) used := make(map[int]bool) for v := range set { ret[v] = -1 } scnt := 0 var DFSWithSet func(int) DFSWithSet = func(num int) { if num

元記事を表示

Go言語 無名関数の書き方

Go言語の無名関数の記事が少ないので、ここでいくつか例を上げたいと思います。

## 環境
go 1.18

## 例1 : 即時実行
“`go:input
package main

import “fmt”

func main() {

// 無名関数
func() {

fmt.Println(“Welcome! to Go Lang”)
}()

}
“`

“`terminal:ouput
Welcome! to Go Lang
“`
## 例2 : 変数に代入してから実行
Go言語では無名関数を変数に割り当てる事ができます。
無名関数を変数に割り当てると、その変数は関数型となり、関数をコールするようにその変数をコールする事ができます。
“`go:input
package main

import “fmt”

func main() {

// 変数に無名関数を割り当て
value := func() {
fmt.Println(“Welcome! to Go Lang”)
}
value()

}
“`

“`terminal:ou

元記事を表示

golangci-lint: exhaustivestruct

備忘録。

構造体のフィールドが全部初期化されているかどうかをチェックしたい場合は[exhaustivestruct](https://github.com/mbilski/exhaustivestruct)が便利。
exhaustivestructを有効化した上でstruct-patternsに構造体が [Path#Match](https://pkg.go.dev/path#Match) に合致するように記載する。
struct-patternsはパッケージ名も含められるので別パッケージで同名の構造体があっても対応できる。

ハマったポイントとして、struct-patternsに指定するのはチェックしたい構造体が定義されているパッケージおよび構造体名を指定する必要がある点。
勘違いしてチェックしたい構造体が呼び出されているパッケージ名を指定しようとしていた。

“`go
package exampleA

type Target {
Hoge string
}

package main

func main() {
t := Target{}
}
“`
上記の場合、

元記事を表示

Go言語 ゴルーチン select

## select
複数のゴルーチンからの、チャネルを介した値受け渡しを実現させるための構文
selectを使用することにより対象のチャネルからピンポイントで値を受け渡せる。

## Code
“`Go
// ある数以上の素数を、1つ求める関数
func primeRoutine(targetLine int, primeChan chan int) {
fmt.Printf(“%d Line Target Goroutine Wake UP \n”, targetLine)
i := 0
for {
// 値のインクリメント
i++
// 素数チェック
if checkPrime(i) && targetLine < i { fmt.Printf("%d Line Target Goroutine Shut Down \n", targetLine) // チャネルにデータ送信 primeChan <- i return } } } // メイン関数 func main() { // 求める素数の基準値 targetLin

元記事を表示

【GitHub】Goのインデントがおかしい問題を解決する

## 原因
GitHub上でデフォルトのタブサイズが8になっているから。
つまり、`1tab = 8 半角スペース`という状況です。

## 解決策
1. `https://github.com/settings/appearance`へ行きます。
1. Tab Sizeを4にします。

![image.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/2611835/6301cf1b-1933-9747-becb-fe173ccc7698.png)

## 余談
chromeの拡張機能だったり、クエリパラメータでタブサイズを変える方法がググると出てきたのですが、最近デフォルトの設定になったんですかね?

元記事を表示

Rocky Linux 8.4にGo環境をインストール(Linux)

linuxのOSにGo環境をインストールする手順です。

今回はRocky Linux 8.4を使用しています
※Centos8系は同手順で同様にインストールできる認識

手順

cd /usr/local

バージョン15をインストール(2022年4月時点の最新バージョンは17)

wget https://golang.org/dl/go1.15.2.linux-amd64.tar.gz

tar -C /usr/local -xzf go1.15.2.linux-amd64.tar.gz

rm -rf go1.15.2.linux-amd64.tar.gz

バージョン確認

go version
go version go1.15.2 linux/amd64

環境変数を設定

vi .bash_profile

export ROOT=/usr/local/go
export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$PATH:$ROOT/bin

#設定後読み込み

元記事を表示

golangにおける関数の引数

“`golang“`を勉強していて以下のような書き方を見て、よく分からなかったので調べてまとめてみようとおもいます

“`
type Item struct{
name string
price init
}

func itempointer(i *Item){
fmt.Println(*i)
}
“`

“`golang“`にはポインタの概念が存在していて、関数の引数の型に値型や、ポインタ型を指定できます。
上のコードのように記述することで、構造体の要素の型を**コピー**しているんです。

短いですが、以上です。
何か間違いがございましたら、ご教示いただけますと幸いです。

【参考資料】

https://go.dev/doc/faq#Pointers

https://yyh-gl.github.io/tech-blog/blog/go-always-passing-by-value/

元記事を表示

【Go, go-cmp】子インスタンスで持つ値の並びを気にせずに比較したい

SortSlicesだと子インスタンスで持つ値がバラバラの場合、無視することが出来ないが[Transformer](https://pkg.go.dev/github.com/google/go-cmp/cmp?utm_source=godoc#Transformer)だと出来る。

NumSlice構造体で持つNumsの順番がバラバラな構造体を作る。

“`golang
func TestSortSlice5(t *testing.T) {

type NumSlice struct {
Id int
Nums []int
}

type Compare struct {
NumSlice NumSlice
}

v1 := &Compare{
NumSlice: NumSlice{Id: 1, Nums: []int{1, 2, 3, 4, 5}}, // 昇順
}
v2 := &Compare{
NumSlice: NumSlice{Id: 1, Nums: []int{5, 4, 3, 2, 1}}, // 降順
}

opts :

元記事を表示

【Docker】1分でローカルにGoの環境構築をする

# 本記事について
Go言語の環境をdockerを用いて構築します。dockerさえインストールしてれば秒で環境構築できます。
パッケージ管理にGo modulesを使っています

開発環境用です。

## 環境構築

### Dockerfileを用意する

“`Dockerfile:Dockerfile
FROM golang:1.16-alpine

WORKDIR /app

COPY go.mod ./
COPY go.sum ./
RUN go mod download

COPY *.go ./

RUN go build -o /docker-gs-ping

EXPOSE 8080

CMD [ “/docker-gs-ping” ]
“`

参照: [docker docs](https://matsuand.github.io/docs.docker.jp.onthefly/language/golang/build-images/)

### 必要ファイルを用意する

まずはGo modulesを開始するコマンド

“`
$ go mod init ex

元記事を表示

Go言語 チャネル

## チャネル
チャネルとは、平行実行されているGoroutineから値を受け渡す機能である。

## Code
“`Go
// ある数以上の素数を求める関数
func primeRoutine(targetLine int, primeChan chan int) {
i := 0
for {
// 値のインクリメント
i++
// 素数チェック
if checkPrime(i) && targetLine < i { // チャネルにデータ送信 primeChan <- i //[キーポイント] } } } // メイン関数 func main() { // 求める素数の基準値 targetLine := 100000 // チャネルの作成 primeChan := make(chan int) // ゴルーチンで素数を求める go primeRoutine(targetLine, primeChan) // チャネルからデータを受信 primeResult := <-primeChan //[キーポイント]

元記事を表示

Goのshadowingでハマる前にVSCodeの設定を見直すべし

# GoにおけるShadowとは?

こちらの記事に詳しいですが、要は**変数の再定義**のことです。
予期せぬバグの温床になるので気をつけましょう。

https://yourbasic.org/golang/gotcha-shadowing-variables/

`go vet –shadow GO_FILE`
で検知できるのですが、IDEでリアルタイムに検知したいところですよね。

というわけで以下です。

# VSCodeで–shadow機能を有効化する

UserでもWorkspaceでもどちらでも良いので、`settings.json` に以下を追記しておきましょう。

“`json
{
“gopls”: {
“analyses”: {
“shadow”: true
}
}
}
“`

# Golandで–shadow機能を有効化する

この方の記事に詳しいです。

https://zenn.dev/uuusu/articles/6554631b4c08ba

元記事を表示

GoでMarkdownからExcel試験書を作成するソフトを作った

## 入力

![スクリーンショット 2022-04-12 101539.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/792099/d5526e0b-0757-bf73-cac8-3b0eba8564b1.png)

[このmd文書](https://github.com/botanic7arc/markdown2excel/blob/master/src/test.md)を入力すると

## 出力

![スクリーンショット 2022-04-12 100844.png](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/792099/3745d43d-cff0-85f2-ef4b-5ca90c564551.png)

こうなります。(横が入りきらなかったため、縮小して表示しています)

## ソース

https://github.com/botanic7arc/markdown2excel/tree/master/src

##

元記事を表示

Go言語製Let’s Encryptクライアントlegoをライブラリとして使う

ピリカではほとんどのサービスでGCPやAWSが発行するHTTPS証明書を使っていますが、見える化ページと呼ばれる、自治体や企業など、一定の範囲内でのごみ拾い活動を集約しているサービスで使っているワイルドカード証明書はLet’s Encryptで発行しています。

Let’s Encryptで証明書発行するためのクライアントとしては標準のcertbotの他にもいろいろなものがあります。
個人的に、[lego](https://github.com/go-acme/lego)を気に入って使っています。お気に入りポイントはこんな感じです。

– Go言語で作られていて、Pythonの言語環境に依存せずに使える
– いろいろなDNSサービスに対応している
– コマンドラインがcertbotよりもわかりやすい

コマンドとしてずっと使っていて、このコマンドを内部的に使用する形で証明書を自動更新をするCloud Runを作ろうとしていたのですが、改めてリファレンスを読んでいたところ[ライブラリとしても運用できる](https://go-acme.github.io/lego/usage/libra

元記事を表示

OTHERカテゴリの最新記事